【向 雲太郎(むかいくもたろう) ワークショップ】

ワークショップ経歴

1998年より
2012年まで
大駱駝艦無尽塾にて講師を務める。
2006年05月大駱駝艦附属舞踏学校無尽塾塾長 全16回
08月夏季合宿塾長
2008年10月舞踏ワークショップ 於:ミシガン州立大学
01月無尽塾塾長 全16回
2010年04月無尽塾塾長 全16回
2011年07月無尽塾塾長 全16回
09月舞踏ワークショップ 於:大阪 全2回
2012年02月舞踏ワークショップ 於:ニューヨーク・CAVE
02月舞踏ワークショップ 於:ニューヨーク・ジュリアード学院
02月舞踏ワークショップ 於:ボストン・マサチューセッツ工科大学
2013年01月舞踏ワークショップ 於:Baby-Q studio 全4回
05月ワークショップ 於:森下スタジオ 全4回
12月子供ワークショップ 於:西巣鴨幼稚園・年少、年長クラス
2014年02月ワークショップ 於:西東京市 全7回
07月舞踏WS・作品発表 於:メキシコ・ミチュアカン芸術センター
08月舞踏の授業 於:京都造形芸術大学・堂本教子クラス
2015年03月舞踏?ワークショップ 全4回 :森下スタジオ
03月子供と親のためのぶとう?ワークショップ 全2回 於:森下スタジオ
10月〜12月ワークショップ・発表会 於:石神井特別支援学校
12月舞踏?ワークショップ 於:両国BEAR
2016年04月南米舞踏フェスティバル、WS・作品発表 於:メキシコシティー

舞踏ワークショップ内容

舞踏って何だろう?疑うことからはじまる。
 〜まずはあらゆることを、疑ってみましょう。

アタマとカラダをからっぽにする。
 ~カラダの力を抜き解きほぐし、アタマの力も抜き解きほぐします。

からっぽな皮袋と柔らかい身体。
 ~身体というのは、からっぽな皮袋である。その皮袋の柔らかさと重さを感じながらうごきます。

重心と軸。
 ~普段意識する事の無いからだの重心を感じ、からだの軸を感じてうごいてみましょう。

嘘がないうごきとは。
 ~何故うごくのか?うごきの動機を考えます。

うごくのではなくうごかされる。
 〜うごくのではなく、うごかされるのだという意識の入れ換えをしましょう。
 感覚と感触と。~肉体の外側の感触に耳を澄ます。肉体の内側の感覚に意識を向け探検します。

“ / ”(スラッシュ)間の感覚。
 〜空間のあいだ。時間のあいだ。さまざまな“間〜あいだ”を感じましょう。

目に見えないものによって皮袋をおどらせる。
 ~さまざまな外的要素によって皮袋をおどらせたり、おどらされたりしてみましょう。

器にいろいろなものを容れる。
 ~森羅万象さまざまなイメージを器としての身体に容れておどらせます。

パフォーマンスの生まれる瞬間。
 ~事件、瞬間を入り口にして、非日常の世界で無邪気に遊んでみましょう。